scrap-it-to


skyve ニュートンでランチ。でもホーカーじゃないよ。居心地が良くてオシャレなカフェだよ。

2016.12.05 01:25

ニュートンにはホーカー以外何もない。これはシンガポールに住む日本人のおおよその人が思っている事ではないでしょうか?以前、DimSumランチがお得で美味しいLiBaiを紹介しましたが、ほんと、ニュートンにあるのはそれくらいです。

高級ホテルの点心 Li Bai 駐妻が言うDimSumランチって何?

 

あとはもちろんホーカーですね。ここは(清潔好きな日本人にとって)シンガポールナンバーワンホーカーじゃないかなと思います。ニュートンのホーカーセンター抜きにしてシンガポールは語れません。

ニュートンホーカーセンターでオススメの店 ベスト10(シンガポール)

 

でも、なんかこう、カフェとか、もうちょっと気軽なレストランとかないの?ってみんなが思っていると思います。ところが、

 
あるんです。  (かびらじえい風)

 

 

今回は、そんな穴場の紹介です。

 

場所について

ニュートンにオシャレな飲食店があるとしたら、どこでしょう?それは、ニュートンのフードコートセンターからClemenceau Avenue Northをオーチャード側に少し行ったWinstedt Road沿いにあります。

 

skyve_01

 

Clemenceau Avenue NorthからWinstedt Roadを左に曲がり、100m位歩くと、10Winstedt Roadにつきます。今回紹介するレストランは、この中に入っています。

 

skyve_02

 

この敷地には(見た感じの想像ですが)ヨガだったり、アートだったり、クリエイティブな活動をしているグループが多くビジネスをしているようです。今回紹介するお店も同じ敷地にあるので、このゲートからでも入っていくことが出来ますが、もう少しWinstedt Roadを歩くともう一つ入口があるので、こちらからの方が入りやすいでしょう。看板が出ているので、分かりやすいです。ね?オシャレでしょう?

 

skyve_11

 

 

 

Skyveについて

skyve_09

 

さて今回紹介するSkyveは、外の席も中の席も結構充実していて、昼間は明るい雰囲気でランチをやっているのですが、夜はBarのような営業形態になります。ワインが結構豊富に置いてあって、ウイスキーやカクテルなんかも結構置いてあります。さらに、フードメニューも充実しているので、結構いい感じです。

カウンターに座る感じでは無さそうでしたが、カウンターも雰囲気は良かったです。

 

skyve_07

 

それと少し気になった点。メニューにプルコギやカルビの文字が目についたので韓国系か聞いたら、どうやらそうではないそうです。

 

 

お料理について

さてメニューですが、バーガーやピザ、パスタやサラダなどのカフェ系メニューが中心です。中でも、トリュフフライが付いてくるポークのチーク(頬肉)のバーガーがおいしそうだったので、いつもの感じだと「あ、これ。」となるところでした。メニューをじっくり見ていると、その日ごとのスペシャルがあるではないですか。今日のスペシャルを聞いてみると、サーモンとの事。シンガポールで魚を食べる機会はあまりないので、いつもの感じではありませんが、今回はサーモンのソテーを注文しました。ポテトや野菜が付いているので、見た目以上に量はあります。

 

skyve_03

 

両面ともパリパリに焼いてあって、食べごたえがあります。日本のような一切れの単位ではなく、四角いブロックで大きめに焼く。海外に出て初めてこのサーモンの食べ方を知ったのですが、中々イケます。味付けは塩がほんのり効いた優しい味でした。

 

どうやら結構お腹が減っていたらしく、少し足りなかったので、追加でタルトを注文しました。

 

skyve_04

 

そしてコーヒーはマキアート。本を読みながらゆっくりと食事をし、贅沢な時間を過ごしました。

 

skyve_05

 

 

雰囲気について

基本的にどこもソファー席なので、くつろげる度は半端じゃないです。読んでいた本の内容が難しくて、途中なんどもゴロンと寝そうになりましたが、そこは我慢。あと5歳若くてジェントルメンじゃなかったら、おそらくソファに吸い寄せられて寝ていたでしょう。私はちゃんとジェントルメンでした。

 

skyve_06

 

子供連れもたくさんいて、ギャーギャー騒いでても自然だったので、奥様達も使いやすいんじゃないかなと思います。

 

skyve_08

 

それと、もうひとつ情報があります。

 

平日限定で、ランチのコースがあるんです。

 

私は平日のランチには行けないのですが、駐妻の人は行ったらいいじゃないですか?

 

繰り返しますが、ランチのコースは、

 

平日限定です。悔しいので、詳細は書きません。

 

嘘です。私はもちろん行った事がありませんが、平日限定のランチの情報も書きます。(悔しいけど。)

 

内容はというと、前菜とメインとスイーツの3コースがセットになって、SGD36++です。結構メニューも豊富にあるので、色々選べます。正直、アラカルトメニューは見たことがあるので、この値段は安いです。

更に、SGD20++で、前菜とメインはワインとのペアリングが出来ます。

更に、SGD5NETで、コーヒーかお茶が付けれます。

更に、SGD5++で、生牡蠣が付けれます。

 

駐妻のみなさま、どうぞ楽しんで来てください。

 

それでは社畜サラリーマンのみなさん、奥さんには良い思いをして頂いて、我々はその間、額に汗して頑張りましょう。では、また。


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する