scrap-it-to


ムチャチョス シンガポールでアメリカンスタイルなメキシカンブリトーを食べる。Muchachos

2017.01.19 03:45

ブリトーの世界は奥が深い。

 

今まで日本で育って来て、ブリトーと言って最初に思いつくものは、セブンイレブンのペラペラのブリトー。中にサルサソースとチーズが入っているアレです。でも私は、大人になってからこの広い世界に出て気づいたのです。

 

あれは偽物だと。

 

色々な国でブリトーを食べましたが、セブンイレブンのようにフニャフニャでペラペラのブリトーを出して来た国はありませんでした。大体はパンパンに中身が入っていてドッシリ重いブリトーです。「あぁ、こんな美味しい食べものがあったんだ。」と、頻繁に食べるようになって、ある時気が付いたのです。ブリトーのスタイルは、大きく分けて2種類あると。それで調べてみたところ、やはり、大きく2つの流派があるという事が分かりました。

 

一つは、メキシカンスタイル。こちらが本家本物のブリトーです。基本的にチーズは入っておらず、中身の具も少なめです。そのため小柄で細めの見た目になっています。もう一つはアメリカンスタイル。こちらははち切れんばかりに具が入っていて、径も太め。日本の太巻きのような感じです。カロリーが高そうな具が入っているのが特徴です。

 

そして今回紹介するお店の名前はムチャチョス。舌を噛みそうな名前ですが、ムチャチョスはムチャチョス。誤字ではなくて、本当にムチャチョスです。ムチャチョとはスペイン語で若者の事です。

 

 

お店について

毎週のようにKeongSaikRoadのお店を紹介していますが、今回もKeongSaikRoadです。場所はこちら。真ん中あたりのカフェが並んでいる列にあります。

 

 

お店はどくろマークが目印。ネオンに目が行ってしまい、あまり目立ちませんが、良く見るとブリトーをくわえています。よーく見てみて下さい。ね?くわえているでしょう。笑

 

muchachos_02

Muchachos  

住所: 22 Keong Saik Rd, Singapore 089129
電話: 6220 0458

 

メニューについて

ムチャチョスは、カウンターで注文するタイプのお店なので、メニューは看板にのみ記載されています。

 

muchachos_11

 

メニューを見ていただければ分かると思うのですが、「マジで何が何だかわからない。。。」です。どうやって頼んでいいか分からなかったので、全部お店の人に聞きました。メニュー自体は結構たくさんあって、ブリトーの他にもケサディーヤなどもあるようでした。私は一番スタンダードなビーフのブリトーを頼みました。

頼んだら、奥の席で出来上がりを待つのですが、厨房が丸見えなので、作っているところを見ても楽しいかもしれません。

 

muchachos_10

 

 

雰囲気について

注文を終えて、お金を払ったら、このメキシカンな廊下を通って席まで行きます。

 

muchachos_05

 

奥まで行くと、意外に中は広く、無国籍な感じになっていました。笑

 

muchachos_04

 

裸電球のなんちゃってシャンデリアに、タイルのテーブルと、非常に不思議な内装。メキシコに行った事がない私でも、「これはメキシコではない。」と分かりました。

 

 

ブリトーについて

さて、しばらくするとブリトーが出来上がります。こんな感じでホイルに包まれてきます。アボガドのソースが必要か聞かれたので、付けてほしいとお願いしたら、ちょこんとついてきました。

 

muchachos_07

 

無造作に、色々と辛いものが置いてあったので、きっとこれらをディップして食べるのでしょう。辛いものが苦手な私は、見ただけで不戦敗を決め込み、何もつけませんでした。きっと食べれるのでしょうが、翌日の腹痛は間違いないので、ここは大人の判断です。

 

muchachos_06

 

ホイルを剥いて、ちょっとかじります。

 

muchachos_08

 

皮(トルティーヤ)が厚くて、小麦の味しかしません。。。もうちょっとかじります。

 

muchachos_09

 

これこれ!!

 

具がたくさん入っていて、ボリューム満点、カロリー満点なアメリカンブリトーです。きっとソースをかけて食べる事を前提としているため、塩味は少なめ。それもアメリカン的かもしれません。アボガドのマッシュはちょっと辛くて、メキシカン的な味付けがしてあったので、それをちょびちょびつけながら頂きました。

 

飲み物はこれ。

 

muchachos_03

 

ジャマイカハイビスカスという名前に一目ぼれ。見た瞬間に「これっきゃない!」と即決しました。結果、飲み切れませんでした。砂糖が入りまくっていて、甘い。とても飲めません。甘過ぎて半分以上残しました。

 

ところで、ムチャチョスなんて舌を噛みそうな名前ですが、ムチャチョは「若者たち」という意味です。確かに雰囲気がとても若くて、おじさん、エネルギーをもらえた気がします。デリバルーで宅配も対応していますが、このブログを読んでいる、おじさんおばさん達は、出かけて行って、若いエネルギーをもらってきてください。それでは、また。


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する