チョンバルのバクテー屋さん因縁(Tuan Yuan) |

scrap-it-to


チョンバルのバクテー屋さん因縁(Tuan Yuan)

2017.05.23 00:49

Old Bak Kut Theはチョンバルマーケットの近くにあって、朝から賑わっており、私も好きなバクテー屋さんです。チョンバルマーケットに行っていた時は、そこで工夫茶を頼んだりしながら朝ごはんを食べたりしていました。

最近ではチョンバルマーケットの代わりにヨガでチョンバルに行くことが多くなりました。ところが、なかなかヨガの後にホーカー的な佇まいのお店に入りたくならないんですよね。でもやっぱりバクテーは食べたい。そんな風に思っていたら、Daniel food diaryのブログで、良さげなチョンバルのバクテー屋さんが紹介されているではありませんか。ここはきっと穴場に違いない。

 

1)チョンバルというオシャレエリアにある。

2)あまり知られていないレストランで、

3)日本人がまだ誰もブログに載せていない。

 

という事で、私のアンテナがビンビン反応しまして、早速行ってきました。レポートします。

 

 

Tuan Yuan Pork Ribs Soup(Bak Kut Teh) – 团缘肉骨茶

住所: 127 Kim Tian Road, #01-01, 160127
電話: 6684 0123

 

 

因縁について

冒頭で言いましたように、今回はDaniel food diaryで調べて行ってきましたので、そのまま引用しますね。どうやらここのバクテー屋さんは、アウトラムパークの有名店、Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha (欧南园亚华肉骨茶)の子供が経営しているお店のよう。その親父というのが粋な親父で、企業家魂を鍛えてほしいがために、同じ看板は使わせなかった。まさにムーの大群に落とされたシンバを崖の上から眺めるムファサ。そんな環境に自らを置くような真似ができる親父がいるからこそのお店なのでしょう。確かに良いお店でした。

 

http://danielfooddiary.com/2015/12/07/tuanyuan/

 

メニューはこんな感じでした。

 

 

 

お料理について

頼んだものを列挙していきます。ヨガの後だったのでお腹が空きすぎていてたくさん頼んでしまいます。

まずはお決まりのSoltedVegiです。バクテー屋さんに来ると必ず頼みたくなってしまいます。柔らかくてとろけるような、この感触が大好きです。

 

 

野菜はこちらにしました。名前は分かりませんが、バクテー屋さんの野菜で、味付けもいい感じ。これも美味しい野菜でした。

 

 

そしてバクテー。妻も私もスタンダードなものを頼みました。胡椒系のスープが透き通っていて、いわゆる潮州スタイルです。シンガポールで有名店といわれるバクテー屋さんと比べても遜色ないレベル、というか普通に”有名店と同じ”バクテーです。スープがお替り自由な点も”有名店と同じ”レベル。待っているとウェイターさんがお代わりを入れてくれます。沸騰しているんじゃないかってくらいに激熱なので、要注意です。

 

 

 

妻は唐辛子がピリリと効いているのがこのお店のポイントと言ってましたが、私は胡椒だと思いました。今はその正否は分かりませんが、お肉が食べやすかったというのは一致した意見。今やチェーン展開しているソンファーと比べても、ファウンダーなどの有名店があるバレスチアのバクテー屋さんと比べても、断然お肉が食べやすい。ホロホロと骨から剥がれる様は見事でした。

 

 

 

バクテーのお供には油条とご飯、両方頼みました。ここの油条は数こそ少ないですが、大振りでなかなか良かったです。最初はご飯以外考えられませんでしたが、油条の違いが分かるようになってきたら、立派なシンガポール通ですね。

 

 

 

そして、Sea Weed soupも。これをご飯にかけて食べるとうまいんです。まるでお茶漬けのようで、ご飯は一瞬にしてなくなりましたとさ。

 

 

 

 

デザート・飲み物

ヨガの後で疲れていたのもあり、結構長居してしまいましたので、今回はその他にも頼んでいました。飲み物はバーリーとライムジュースです。まぁ、これは普通。

 

 

最後にスイーツを食べました。ピーナッツのお餅と黒ゴマのお餅で、優しい味でした。これは1.5ドルという激安メニューでしたので、その割りにはなかなかいいんじゃないかという位。とにかく優しい味でした。

 

 

 

まとめ

正直このお店は、かなり“あり”なんじゃないかと思います。何故有名にならないのか分からないくらい良いお店だと思います。4年くらい前、よくクラークキーのソンファーに行っていたときは、昼間なんにもないクラークキーにすらガイドブックを持った日本人旅行者が大勢押しかけているのを見たことがあります。きっとこのお店も日本のガイドブックなんかに載ったら大勢来るのでしょう。

 

有名ついでに、有名バクテー屋さん名物の、有名人が来たショットを載せておきましょう。私は有名ではないのでここにラインナップする事は出来ませんが、有名な人はまだスペースが余ってましたので、是非ラインナップしてきてください。

 

 

「私、日本で有名なブロガーなんです。」って言って撮ってもらえばよかったかな。ちょっと後悔しております。


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する